子どもと一緒に芸術を堪能!一橋学園「平櫛田中彫刻美術館」

先日、夏休み中の小学生の息子2人と一緒に「平櫛田中(ひらくしでんちゅう)彫刻美術館」へ行ってきました。

平櫛田中とは、小平市名誉市民の称号を授与されている、世界的にも有名な彫刻家。
1979年に107歳で亡くなられた方です。

「平櫛田中彫刻美術館」は、平櫛田中が晩年に住われていた邸宅と、没後に建てられた美術館を見ることができる施設。

私が、前々から行ってみたいと思っていた場所なんです。

子どもは興味ないかな?と思いながらも、息子たちに
「美術館に行ってみない?」
と聞いたところ、意外にも
「行く!」
と、二つ返事。

午前10時の開館に合わせて、自転車で向かいました。

夏休みは小・中学生の入館料無料!

玉川上水のほとりに佇む「平櫛田中彫刻美術館」。

晩年の平櫛田中は、緑に包まれたこの場所を隠居先の地として選び、10年間創作活動をしながら暮らしていたそうです。

美術館入り口の駐輪場に自転車を停めると、こんなポスターが目に留まりました。

なんと、夏休み期間中は「わくわく体験美術館ウィーク」として、小・中学生の入館料(150円)が無料に!

子どもたちには敷居が高く感じてしまう美術館でも、気軽に行くきっかけになりますね。

厳かな美術館で触れる本物の芸術品

門をくぐり正面へ進むと美術館、右側は記念館として公開されている邸宅です。

まずは、地下1階と地上1階・2階の3フロアからなる美術館へ。

受付をしてから、作品が展示された部屋へと進みます。
ちなみに、大人料金は300円(税込)。

自然光が差し込む館内には、平櫛田中の彫刻作品や書、自ら収集した絵画や工芸等の美術品が美しく展示されていました。

平櫛田中の作品は、人物を写実的に表現されているのが特徴です。
力強く緻密で、凛々しくも優しい作品たち。

非日常的で厳かな空間に身を置き、美しいものに囲まれると、心が震えますね。

息子たちは何やら、もぞもぞ話しながら見て回っています。
迫力ある芸術品を目に、どう感じているのか気になるところですが、そこは個人の自由で。

子どものころから「本物」に触れ合うことが大事なんだと思っています。

美術館は撮影禁止のため、中の様子をお見せすることができませんが、ぜひご自身の目で体験してみてくださいね。

日本風情があふれる邸宅「記念館」

美術館を見て回った後は、隣の邸宅である記念館へ行きました。

記念館は、平櫛田中が晩年の10年間を暮らした邸宅で、完成したのはおよそ52年前。

門扉から見るとこうなっています。

少し分かりにくいですが、奥にある邸宅は書院造りの平家です。

建築したのは、国立能楽堂を手がけた大江宏さん。
建築が好きな方は、外観を見るだけでも価値があるかもしれませんね。

こちらは、門扉の中に入ると見られる、日本風情が美しい庭。

静けさを大事にしている日本の庭は、眺めているだけで心が落ち着きます。

そして、庭に入りすぐ目に着くのが、この巨大なクスノキです。

樹齢およそ500年、直径1.9メートルの、クスノキの原木。

この木はなんと、平櫛田中が100歳のときに彫刻材料として購入した木なんだとか。
「これから10年20年と創作活動をするために」
と、周囲を驚かせたそうです。

力強い作品同様、ご本人もエネルギッシュな方だったんですね。

こちらが玄関です。

玄関になぜたぬき…?
と思ってしまいましたが、今日は特別です。

現在、記念館では展覧会「でんちゅうストラット」が開催されています。
武蔵野美術大学彫刻学科で学ぶ学生と、第一線で活躍されている彫刻家の作品が展示されていて、こちらも作品のひとつです。

こちらは、玄関から見える中庭です。

中庭にも作品がいくつか展示されていました。

現在、記念館の改修工事を予定しているため、公開されているのは庭から玄関のみでしたが、十分に芸術を味わうことができました。

親子で芸術を堪能できる平櫛田中彫刻美術館!

「平櫛田中彫刻美術館」では、今回ご紹介した「わくわく体験美術館ウィーク」「でんちゅうストラット」の他にも、「お茶会」や「親子で美術館」など、さまざまなイベントを行っています。

イベントの確認は、美術館のホームページや、市報こだいらをチェックしてみてくださいね。

ちょっと時間が空いたときや、美しい芸術品に触れたくなったときには、ぜひ「平櫛田中彫刻美術館」へ足を運んでみてください。

お子さまの情操教育の一環にもなり、親子でとてもいい経験ができると思います。

平櫛田中(ひらくしでんちゅう)彫刻美術館
住所  :東京都小平市学園西町1-7-5
アクセス:西武多摩湖線 一橋学園駅南口より徒歩10分
問合せ先:042-341-0098
定休日 :火曜日(祝日の場合はその翌日)年末年始(12月27日~1月5日)
     展示替え等のため臨時休館あり
営業時間:10時〜16時(入館は15時30まで)

東京都 小平市 学園西町 西武多摩湖線 一橋学園