遊びも学びも充実できる便利な公園!津田図書館前「とんねる公園」

先日、学校の特別時程で、いつもより早く子どもたちが帰ってきたので、公園へ遊びに行ってきました。

次男が小学校へ通うようになってから、平日にこうして遊びに行くことはめっきり少なくなりました。

子どもたちに行きたい公園を聞いてみると、口を揃えて「とんねる公園がいい!」とのこと。

夕方になるまで少しでも長い時間遊べるよう、急いで水筒の準備をして、おやつを持ち「とんねる公園」へ向かいました。

園帰りの親子でにぎわう人気の公園

小平市津田団地内にある「とんねる公園」付近には、いくつかの幼稚園や保育園があります。
広さがあり、子どもが安心して遊べる遊具が程よく揃っているため、平日14時を過ぎると、園帰りの親子でとてもにぎわう公園です。

しかし今日は、こっちを見ても…

こっちを見ても…

ガラーン…!

平日14時半なのに、誰もいません!

緊急事態宣言が発令されたからでしょうか。

きっと園から、「みんなで集って遊ばないように」という通達があったのかもしれませんね。
前回の緊急事態宣言のとき、次男が通っていた幼稚園でそのように言われたことを思い出しました。

早くみんなでワイワイ遊べる日が来るといいですね。

小さな子どもが安心して遊べる遊具たち


「とんねる公園」の本来の名前は、「津田町三丁目アパート内公園」といいます。
なぜ、とんねる公園と呼ばれているのかというと、それはもちろん…

トンネルがあるから。

コロンとした山の形が愛らしいこのトンネルには、すべり台が3つも付いています。

真っすぐに滑り落ちるすべり台。

なだらかなカーブがかかるすべり台。

そして、急傾斜が迫力満点の幅広すべり台。

子どもたちの間では、このすべり台が滑れると、ちょっとした自慢になるみたいですよ。

遊具は他にも、ブランコ、鉄棒、砂場、スプリング遊具があります。

広さも十分にあるため、鬼ごっこやかくれんぼにも適していて、小さなお子さんが大満足できる公園です。

子どもを見守りながら樹木の木陰で下涼み


公園の真ん中には「こだいら名木百選」に選ばれた、大きなプラタナスの木が空を仰いでいます。

「こだいら名木百選」の記事も合わせてお読みください。

公園内には他にも、はなみずきやくすのき、あらがしなど、所々に背の高い樹木が植えられているので、木陰で下涼みをしながら子どもたちを見守ることができます。

砂場の隣には、ふじの木も。

今は4月の終わり。
ちょうどふじの花が咲き始めていて、とてもきれいでした。
木の下にベンチがあるのも嬉しいですね。

便利で楽しい!だから親子で嬉しい「とんねる公園」


「とんねる公園」の道を挟んだ向かい側には「津田図書館・公民館」があり、子どもがいる家庭にとって、とても便利なスポットです。

例えば暑い夏の日、公園で遊んでいてバテたら、図書館で読書に切り替えたり、公園で遊んでいるときでも、「津田図書館・公民館」のトイレや水飲み場を利用することができるからです。

体を動かして遊ぶことも、読書もできるって思うと、ママにとっては嬉しいですよね。

お近くにお住まいの方は、ぜひ遊びにきてみてくださいね!

都営津田町三丁目アパート内公園
住所   :東京都小平市津田町3丁目31−22
アクセス :西部多摩湖線一橋学園駅 徒歩12分、西武国分寺線鷹の台駅 徒歩13分、JR武蔵野線新小平駅 徒歩16分
お問合せ先:小平市役所 水と緑と公園課管理担当 042-346-9556

東京都 小平市 津田町 西武多摩湖線 一橋学園
西武国分寺線 鷹の台
JR武蔵野線 新小平