こだいら名木を探しながら親子でお散歩!玉川上水緑道鷹の台付近

とうとう発令されましたね、三度目の緊急事態宣言。

普段から在宅ワークで、おこもりに慣れている私はそれほど困らないのですが、そうも言っていられないの子どもたち。

習い事も学校行事もストップしてしまう中で、ストレスをためず健やかに大きくなっていけるよう、適度な運動と日光浴を心がけなければなりません。
今の状況を「つまらない」と思わせずに、どうやって楽しく過ごしていこう…。

ということで、先日の休日、子どもたちと一緒に散歩へ出かけました。

自然が多い小平市とお散歩は相性がよく、とっても魅力的なウォーキングコースがあるのです。

私が一番にお勧めしたいのは「玉川上水緑道」。

玉川上水とは、多摩川の水を多摩地域西部の羽村で取り入れ、新宿の四谷大木戸まで約43km続く水路のこと。

そのうち、杉並区から福生市までの約24kmにわたり、玉川上水沿いに整備された緑が茂る遊歩道のことを玉川上水緑道といいます。

遊歩道脇にはクヌギやコナラなどの植物が多く植栽されていて、自然の中でのんびりと散歩やジョギングをすることができるのです。

玉川上水緑道付近のこだいら名木6本をご紹介


今回のお散歩はただ歩くだけではなく、「こだいら名木百選」に選ばれた樹木を探しながら歩くことにしました。

「こだいら名木百選」とは、小平市内の樹木を、形や景観・歴史などを元に選考された名木のことで、現在51本の木が選ばれています。

こちらは、小平市役所でいただける「こだいら名木百選マップ」。

東西に長い小平市の、いたる所に名木が点在していますね。

ちなみに「百選」の「百」は、「非常に多いこと」を表していて、「百本」という意味ではありませんよ。

今回、玉川上水緑道付近を散歩しながら見つけてきたのは、こちらの名木たちです。

鷹の台駅付近から東へ伸びる玉川上水緑道近辺に立っている名木⑪~㉑のうち、6本をご紹介いたします

⑪中央公園「イチョウ並木」

鷹の台駅に直結している小平市で一番大きな中央公園内、じゃぶじゃぶ池にあるイチョウ並木です。

以前から「見事なイチョウの木だなぁ」と思っていましたが、こだいら名木として選ばれていたとは知りませんでした。

四季折々に美しく、特に秋の紅葉は素晴らしい景色です。

場所:小平市津田町1-1 小平市立中央公園

⑫中央公園「ヒマラヤスギ」

小平中央公園内に二つも名木が選ばれていました。

中央公園の駐車場に堂々とそびえ立つ「ヒマラヤスギ」。
見るからに大きいですが、幹回りは約3.2mもあるようです。
太陽の光を浴びる姿が神々しいですね。

名木に選ばれた樹木にはこのような名札が付けられています。

場所:小平市津田町1-1 小平市立中央公園

⑰玉川上水緑道「クヌギ」

玉川上水緑道に立つ「クヌギ」です。

クヌギは昔から、薪炭材などで役に立つ木として重宝されていて、小平含む武蔵野の地でも開村当時の生活に深く関わってきました。

このクヌギは幹回り約2.7m。
ここまで太い幹は、クヌギとしては珍しい大木なんだそうですよ。

場所:小平市上水本町1-23付近
玉川上水緑道右岸

⑱津田塾大学「ヒマラヤスギ」

津田塾大学本館校舎「ハーツホン・ホール」の目の前に立っている大きな木が、名木「ヒマラヤスギ」です。
「ハーツホン・ホール」は東京都選定歴史的建造物。
クラシカルな雰囲気が「ヒマラヤスギ」とぴったり合っていますね。

12月になるとルミネーションが点灯され、華やかなクリスマスツリーになります。

場所:東京都津田町2-1-1 津田塾大学

⑳都営津田町三丁目アパート公園「プラタナス」

公園の真ん中にそびえ立つ「プラタナス」。
大きな葉で木陰をつくることから、街路樹や公園に植えられることが多い樹木です。
青空へ向かって大きく伸びる姿が美しいですね。

場所:小平市津田町3-16 都営津田町三丁目アパート内公園

㉑玉川上水緑道「ケヤキ」

緑道を歩いていると
「もしかしてあの木は名木?」
と思わせるほど、ひと際目立つ大きな木がありました。
近付いてみると、やっぱり名木。

幹回り約3.17mもあります。

場所:小平市学園西町1-30付近
玉川上水緑道左岸

こだいら名木百選の選定方法


東京の中でも自然が多く残る小平市は、環境の保全・回復に関する活動が活発に行われています。

こだいら名木百選は、2014年に小平市の市制施行50周年を記念し、自然保護活動のひとつとして実施された事業。
将来、名木が多いまちになるように…という願いが込められているのです。

そして、有識者と市民で構成している「こだいら名木百選選定委員会」に応募していただいた樹木を現地調査と審議を重ねて選定しています。

選定基準は以下の8つ。

1.すばらしい樹形の木
2.歴史・由緒のある木
3.めずらしい木
4.おもしろい木
5.地域のシンボルとなっている木
6.景観的に優れた木
7.巨木や古木
8.前記の他、こだいら名木選定委員会で特に名木と認める木

「めずらしい木」や「おもしろい木」として選ばれた木が気になりますね。
どんな形をした木なのか、今度見に行って来ようと思います!

はじめての試みだった、こだいら名木巡り。
名木マップを片手に、「玉川上水緑道」を子どもたちと散歩するのは、遠足のオリエンテーリングのようで、とても楽しかったです。

ウォーキングの心地よい疲労感に、協力し合い目的を達成したという満足感も味わうことができました。

特に4月は、木々の緑が色を増し、自然のパワーを体いっぱいに感じられる季節。
緊急事態宣言時だけではなく、
「もしかしてストレスがたまってるかも…」
「最近、運動不足かも…」
という方もぜひ、こだいら名木を探しながら緑のトンネルをお散歩してみてくださいね。

名木探しに夢中になり、気付いた時には長い距離を歩いているので、ストレス解消や運動不足解消にぴったりだと思います。

こだいら名木百選
住所  :東京都小平市小川町2-1333
アクセス:西武多摩湖線青梅街道駅 徒歩5分
お問合せ先:小平市都市建設部 水と緑と公園課 (緑化推進担当)
     こだいら名木百選選定委員会 042-346-9830

東京都 小平市 小川町 西武多摩湖線 青梅街道